誕生日プレゼントは難しい

誕生日プレゼントをどのように決定しますか?
相手の好みを調べたり聞いたりしておいて、それに応じてプレゼントを決定するわけですが、誕生日プレゼントともなると慎重なプレゼント選びが求められます。
好みをしっかり理解しておいて、その好みに応えるように、反対に好みに沿わないものを贈らないようにしながら、相手を喜ばせることを目的にプレゼントを選ばねばなりません。
お金をどれだけプレゼント選びに使ったかではありません。
お相手のためにどれだけ時間をかけて選んだか。
どれだけ相手の要望、好みに応えることができたか。それが何より重要です。
何が好きで何が嫌いか。考えに考えを重ねた上で贈り物を決めましょう。
誕生日プレゼントを決める時。ランキング上位で人気だし今はやっているし、これで良いやではダメです。
そこにしっかりと決める基準。
これじゃないとダメだというポイント。この人にはこれだという思いをもって誕生日プレゼントを決定しましょう。


◦誕生日プレゼントを決める時は相手と自分の関係性を洗い出す◦

誕生日プレゼントは相手との関係性で贈るべきものが変わってきます。
妻だとしたら、家で使ってもらえるもの。日ごろの家事の疲れを癒せるもの。または二人で活用できるもの。
思い切って旅行をプレゼントするなんていうのも悪くないですよね。
それが会社の同僚としての仲間だったとしたら。あまり重くない、それでいて仕事につかえるものを贈るべきですよね。
仕事仲間としての、仕事を円滑に進めるためのプレゼントを選んで贈ることができればそれがベストです。
それが上司だったとしてもそうです。
あくまで上司に贈るのだという思いと態度と、プレゼントにもその想いを乗せる必要があります。
そして恋人。それが男性だったとしても、女性だったとしても、ここに一番気を使うのではないでしょうか。
自分の思いを一番伝えたい相手。その相手にしっかりとお金と手間をかけてプレゼントを贈ることができればそれが一番ですよね。
サプライズを狙いすぎて外す…なんてことのないようにしましょう。


◦妻に贈るプレゼント◦

日ごろの感謝も混めて最愛の妻に贈るプレゼント。
これは難しいです。
妻の年齢その他条件にも大きく影響されるでしょうし、長年寄り添った相手となるとそのイベントごとに対する態度がおざなりになりがち。
本当は長年寄り添った相手にこそ気持ちを込めたプレゼントを贈る必要があるのですが、実際にはそうもいかないのが現実です。